Untitled

コンテンツを消費するねこ

早川書房海外SFセールで買ったもの,おすすめのものとか

今回,セールになっている本は287冊しかないみたいなので全部見れるから楽ですね.

買ったもの

アシモフ,クラーク,ブラッドベリを買い足し

鋼鉄都市

鋼鉄都市

都市と星(新訳版)

都市と星(新訳版)

夜来たる

夜来たる

この方は知らなかったのですが新約されたのと評判がいいので購入.

スタニスワフ レム? ソラリスの作者じゃないか! ということで購入.読むの結構楽しみです

おすすめ(とおすすめしないもの)

オススメってカタカナで書くとアフィリエイト臭が高まりますよね.

まず,SF初心者が躓くポイントとして長編小説から読み始めてしまうところがある と思います.

始めは短編から始めて,中編,長編と体をならしていきましょう.

短編

普通の小説しか読んだことないよー(><)という人に読んでもらいたいのが紙の動物園です.

こんな世界,物があったらどうなる?という思考実験がSFなのでこの感覚,面白さを 体験しましょう.

文も落ち着く感じでとても良い,読みやすい.

SF中毒者だと,これSF?となってしまう気がするのですが確かにこれはSFなんですよね.

何をSFと定義するかに関しては書籍『SFの書き方』にて語られているので, 興味のあるかたとこちらもチェックしてみるといいでしょう(『SFの書き方』は今回のセール対象外です.お間違えの無きように...)

中編

ちょっと中編の定義がわからなかったので短編とごっちゃにしています.すみません

I, Robotの原作ですね.見た人は多いんじゃないでしょうか. まあまあ読みやすいのでステップアップに良いのと,原作読んだ自慢とか,有名なので話のネタとかにはなると思います.

これもドラマ化か何かしていましたね(見てない)

雰囲気なんですが『あゝ無情』『レ・ミゼラブル』に似ているような気がするんですよね...

SFは無機質なものではなくて,人間の心情,感情に迫っていくものです.その感じがわかってもらえる本ではないでしょうか.

(個人的に)おすすめ

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

気になった人は読んでください.個人的に短中編ベストです

長編

慣れて来たら長編です.

フィリップ・K・ディック,グレッグ イーガン辺りをおすすめしたいのですが, 始めに難しいけど面白いものをおすすめしてもよくわからなかったと言われるのがオチなので その中でも読みやすいものを一つあげておきます.

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

第二次世界大戦で日本,ドイツの枢軸国が勝ったら?...という思考実験です.

欧米の人が思い浮かべている日本,中国などのアジア文化のごちゃごちゃになっている世界観 の面白さがあります.現実世界とところどころリンクしているのも読みやすさの ポイントになっています.

おすすめしないもの

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

ディアスポラ

ディアスポラ

有名で面白い本なのですが,いきなり読むのにはハードルが高い本だと感じます. 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』に関しては ブレードランナー2048が公開されたので一念発起して読んでみるのも良いとは思いますが...

今回は以上となります.読んでいただきありがとうございました

ダンケルク

ダンケルクは戦争映画ではないかった,強いて言うならばダンケルクは楽曲であった.

クリストファー・ノーランの最新作と聞き楽しみにしていたが周りの反応はよくわからなかったという感想が散見され,
知識が必要な小難しい映画なのかな?という不安な気持ちを抱いたまま鑑賞しに行ったが,全くの杞憂であった.

そしてこの作品は知識ではなく,感覚に訴えかけてくる映画であった.
そして物語性は映画の外にある.

---------------------

ダンケルクでは陸(防波堤),海,空の3つのシーンで構成されており,
陸は1週間,海は一日,空は一時間(戦闘中?)で起こった出来事が106分にまとめて作られている.

最初は戦争映画をクリストファー・ノーランお馴染みの時間軸をバラバラにすることで新たな見方を提供するのかと思っていたが,
音響,音響効果,映像が圧倒的すぎて,構成の凄さを頭の中から吹き飛ばしてしまった.

バラバラの構成も緊迫感を長くする効果としては意味深いものではあったが,
特に良かった点は時計の針の音だったように思える.

冒頭の銃声から始まり永遠に流れ続ける針の音,
ノーラン曰く緊張感の高まるサードアクトを冒頭からやりたかったそうでその試みは成功していたと感じた.
緊張が続きすぎるのは観客が参ってしまうから106分の尺にしたそう(ノーラン談)

このカチカチ音の効果は素晴しくできており,
ずっとなっているのにも関わらず緊張が高まってくるシーンでは意識の上に登ってくる.
そして針の音が止まるシーンで感じる,解放された...という感覚はあまり味わったことのない映画体験であった.

そして音響は銃声,爆発音,飛行機のエンジン音,どれも堪らなくよく出来ていた.
多分なんですが,微妙だったといってる人は音響が良くない映画館で見たのではないでしょうか.
IMAX良かったのでオススメです.
銃声の音なんか苦情が出るんじゃないかっていう音声で毎回なる度にビクッとしました.
この緊迫感が良いんですよ
感想の冒頭でも書きましたが,音楽ですよこの作品は.106分聞けます.
普通のCDには焼けませんね残念.


内容に関しては喋らない,見せないことをすることによって恐怖感を作り出していて,これもあまり例を見ない手法でした.

ダンケルクは1940年のイギリス,フランス対ドイツの戦いなので敵国ドイツの視点も戦争映画なら描かれがちだが,それをしない.
この映画はドイツ側の視点は一切ない(ドイツ軍自体は出てくるが,少ないカットでしかも小さい)
そして,史実に出てくる人をモデルにしているわけでもなく,会話も異常に少ない(本当の戦場ならおそらく会話は必要最低限しかしないであろうが)
まあここはヒューマンドラマだったりの要素を除外したかったのだろう.

そして空以外の戦いはほとんどしていない(攻撃していたが命中したかどうかも不明)そのため空軍無双となっておりそこが少しの不満点か.

物語性はイギリスで語られているダンケルクスピリットにあるとのこと.詳しくはパンフ見てください.

てっきりクリストファー・ノーランってSF大好きマンかと思っていたのでこの作品をみて,見方,魅せ方の求道者なんだなあと感じました.ほんと天才.

またメメント見直そうかなぁ...
あともう一回IMAX見に行きます.でまた号泣すると.

効果音で泣く人自分以外で会ったことないんだよぁ...どっかにいないですかね

パンフは買った方がいいです.補完できるしレビューも面白かったです.

ダンケルク愛で一年くらいぶりの更新でした.

読んでいただきありがとうございました.

2016年上半期に観た映画/ドラマ

最近,月額制の配信サイトがたくさんあり,映画を観まくっていたので,

映画選びの手助けになればな,と思い投稿します.

Netflixや,AmazonPrimeビデオ中心です.

契約している人は気になるものがあったら見てみてください

続きを読む

2016年上半期に読んだ本

Twitterに読んだ本を月ごとにあげて満足していたのですが,

友人に,ブログ見てたんだけどなんで更新しないの?とせっつかれたのでまたちょくちょく更新していきます.

続きを読む

2015年 11,12月に読んだ本

読んだ本が少なかったのでまとめて投稿します.

最近,Kindle Paperwhiteを購入したので,ちょびっと読書のモチベーションが上がりました.

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

以前お試しでVoyageを使ってましたが,ページめくりに1万円近く追加するほどではないと思いPaperWhiteにしました.

検索機能とメモ機能が便利なので本の購入はKindleメインになりそうです


続きを読む

2015年10月に読んだ本

アラン 幸福論 (岩波文庫) (Japanese Edition)

幸福論 (岩波文庫)

幸福論 (岩波文庫)

私は幸福である

以下ハイライトから引用.

・礼儀作法と言えるのはただ、とくに意識することなく行なった行為、とくに示そうというつもりもなく何かを示した行為のことである。

・自分の不幸は、現在のものも過去のものも、絶対他人に言わないことである

・軽率な読書家よ、もし料理のなかに憎悪の味付けがしてあるなら、君の食事からどんな利益が期待できるというのか。どうしてデカルトの『情念論』を読まないのか。なるほど、君の本屋もその本がどんなものかさえ知らないし、君の心理学者も似たり寄ったりだ。すべてはほとんど、いかに読むかを知るにある

次に読む本が決まりました.

illustratorのは割とよかった,残りの2つはWebで探したほうがいいのいっぱい転がってると思います

月刊MdN 2015年 11月号(特集:エフェクト表現の物理学 爆発と液体と炎と煙と魔法と。)

リトルウィッチアカデミア特集,久々の当たり月.

続きを読む

2015年9月に読んだ本

便乗して書いてみる


・嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

アドラーの心理学についての本.

自己啓発本の類かと思っていたが内容は客観的で意外とためになった.
対話形式なのでスラスラ読めてしまった

これでユングフロイトアドラーの三大巨頭はコンプリートしました.



Kindleまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話

Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話

かの有名なアフィブログの話.
まあ無難な感じでした.100円くらいだったので暇つぶし程度に


・昔話の深層 ユング心理学グリム童話 (講談社+α文庫)

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)

今月はこれが一番のアタリだった.

ユング心理学を昔話に照らし合わせて解釈していく.

集合的無意識とか,13がなぜ嫌われている番号なのかとか,なぜ昔話が3人を好むのか気になる人にオススメ.あとクトゥルフ好きも...


人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)

最近良く聞くDeepLearningについての本.

分かりやすく書かれていて,人工知能が今どのレベルなのか解説している.

人工知能に対して期待させながら,失望もさせないように配慮した良書.

続きを読む