読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Untitled

コンテンツを消費するねこ

2015年10月に読んだ本

アラン 幸福論 (岩波文庫) (Japanese Edition)

幸福論 (岩波文庫)

幸福論 (岩波文庫)

私は幸福である

以下ハイライトから引用.

・礼儀作法と言えるのはただ、とくに意識することなく行なった行為、とくに示そうというつもりもなく何かを示した行為のことである。

・自分の不幸は、現在のものも過去のものも、絶対他人に言わないことである

・軽率な読書家よ、もし料理のなかに憎悪の味付けがしてあるなら、君の食事からどんな利益が期待できるというのか。どうしてデカルトの『情念論』を読まないのか。なるほど、君の本屋もその本がどんなものかさえ知らないし、君の心理学者も似たり寄ったりだ。すべてはほとんど、いかに読むかを知るにある

次に読む本が決まりました.

illustratorのは割とよかった,残りの2つはWebで探したほうがいいのいっぱい転がってると思います

月刊MdN 2015年 11月号(特集:エフェクト表現の物理学 爆発と液体と炎と煙と魔法と。)

リトルウィッチアカデミア特集,久々の当たり月.

ニューロマンサー

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

パロネタの理解のため. 攻殻機動隊だったり,マトッリクスの元ネタ(?)になった作品.

2年半挫折を経てついに読了.

三十年後 星一

三十年後 (ホシヅル文庫)

三十年後 (ホシヅル文庫)

星新一の父が書いて,星新一が要約して,星新一の娘が監修しているという親子三代の作品.

親父さんも負けず劣らずのアイデアメーカーだったことがうかがい知れる作品でした.

アドラー心理学入門

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

”嫌われる勇気”を読んだのでその流れで読みました.

”嫌われる勇気”は会話形式だったが,これは評論形式. どちらも基本的には同じ内容です.

アドラーは心理学というより,哲学のような印象を受けました.今のところ心理学で一番好きなのはアドラーですね

ハイライトから引用

一般的な人生の意味はない。人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ

NOVA+ 屍者たちの帝国

伊藤計劃トリビュートに続き,屍者の帝国トリビュートといったところ.

宮部女史が未だにクトゥルフ系で攻めてくるのが個人的ツボ

パロネタが多く,有名どころを押さえていないとちょっとキツイかも

あなたのための物語

あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)

あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)

誰のための物語? My Humanityがかなりよかったのでその流れで

最初に結末が決まっている,伊藤計劃スタイルです.

長谷さんは日本SFの中でかなり好きな部類.

MaltineBook

SWITCH特別編集号 ◆ Maltine Book

SWITCH特別編集号 ◆ Maltine Book

曰く,「音楽付き奇書」

割と真面目なことが多く書いてあってビックリ.

tomad社長がピックアップした240曲は気が向く時ちょくちょくdigってます


今月は雑誌系が多くなってしまった.

Kindle, 雑誌系もハイライト必須になるといいんですけどね〜,画像オンリー見たいのが多くてKindleで雑誌買うのを躊躇してしまうので...